blue-mallow concept

マクロビオティックをベースにした料理教室、ナチュラルな家庭料理からパーティ料理まで各種料理やお菓子の
メニュー開発など、都内を中心に活動しています。事務局は世田谷区内。


Blue Mallow(ブルーマロウ)…
「ブルーマロウ」とは、ハーブティなどに用いられるハーブの名前。
ハーブはナチュラル料理に欠かせない材料のひとつでもあります。



ブルーマロウ

梅村 美穂 - Umemura Miho -
ナチュラルフードコーディネーター
一男一女の母。
5年間のOL生活のあと、ナチュラルフードディレクタースクールに通う。その後、ナチュラルフードコーディネーター花田美奈子氏のもとでオーガニックレストランの経営、メニュー開発、ケータリングなどを経験。
「スクールに通い始めたきっかけは、ストレスからかアトピー性皮膚炎が悪化し、身体の内側から治したいと思ったことです。マクロビオティックを実践すると幼い頃からの便秘が改善、アトピーもぐっとよくなりました。すっきり治るまでは数年かかりましたが、食の大切さを実感。マクロビで育てている私自身の子供たちもほとんど休まず幼稚園・小学校に通っています」。

また沖縄・宮古島で、島野菜を使った料理のレストランを短期出店。メニュー開発、料理教室を開催する。料理の幅は広く、和洋中、デザートまでオールマイティ。スパイスやハーブをアクセントにした、枠にとらわれない野菜や穀物の料理が得意。食材を大事にしつつ、常に簡単・スピーディ。忙しい人にも作れる料理を提案している。
「私がいちばん大切だと思っているのは“おいしく食べる”ということ。これを食べたらいけないとか、これを食べたら太るとか思いながら食べると、身体がそれを悪い物として受け付けてしまいます。だからなんでもおいしく、楽しい気持ちで食べてください。おいしく食べれば甘いお菓子だってOKです」。

体調が悪いと感じたときには、食べ過ぎやお菓子などは控え、野菜中心の食事を。
無理なく身体に優しい食物を摂り入れられるといいですね。

私たちブルーマロウがナビゲートするのは、ふだんの生活に気軽に取り入れられる「ナチュラル・マクロビオティック」。

新鮮な野菜や海藻、豆をたっぷりといただき、主食は玄米や雑穀が理想。とはいえ五分づき米でも構わないし、白米がよければそれもOK。料理に使わなくてもお菓子にはバターを使うし、野菜中心では物足りないという方との食事や、その土地のおいしい肉に出会ったときなどには、肉も使います。

というお話をすると、当然、ナチュラルがつかない本来の「マクロビオティック」ってどんなもの?という疑問が浮かびますよね。名前を聞いたことがある人も多いでしょう。そこで、マクロビオティックの基本的知識を簡単にまとめてみました。興味のある人は読んでくださいね。



マクロビオティックとは。
Macro=大きな+biotic=生命。
マクロビオティックとは「大きな生命」を意味する言葉で、自然と調和した食事法、そして生活のことです。50年以上前に日本人の桜沢 如一(さくらざわ ゆきかず)氏が考案し、現在ではハリウッドスターやスーパーモデルたちが実践したことで世界中に広く知られるようになり、日本に逆輸入されてきました。

自分にあわせて取り入れていきましょう。
具体的には玄米を主とした全粒穀物を中心に、季節の野菜や豆類、海藻などをバランスよくいただきます。加工食品は使わず、生命あるものはすべてそれ1個で調和が取れているという考え方のもと、未精製のものを、栄養もおいしさも丸ごと食べて身体を整えていきます。またその土地で採れた旬のものを食べることで身体のバランスが保たれると
も考えます。
厳格な玄米菜食主義というイメージを持っている人も多いようですが、実際には性別や年令、環境や健康状態などに応じて、個々に合わせた形で取り入れていかれる柔軟性に富んだものでもあるのです。

自然と調和することで、
        心も身体も癒やされます。
一般的にはダイエットや美容、健康のための食事法と考えられていますが、マクロビオティックが何よりも大切に考えるのはバランスと調和。自然と調和した食事と生活により、身体の不調や心の歪みも癒やされていくものと考えます。また決して痩せるための食事ではないものの、脂肪や砂糖をあまり使わずバランスにも優れていることから、メタボ対策料理としても注目を集めています。


おいしいものを、もっともっと。
食べることは、生きること。食べることは、人生の大きな楽しみ。
とはいえ忙しい現代の生活の中で、食べることに使える時間は限られています。そこで、おいしくてカラダによくて、しかも簡単に作れる料理を少しでも多くの人に届けたい…そう考えた料理家と、彼女の腕に惚れ込んだサイト制作者二人の女性3人で始めたのが「ブルーマロウ」です。
ご紹介するのは、自然とのバランスを大切にした“ナチュラル・マクロビオティック”という、今の時代が求める料理。それらが食卓にのぼることによって、食べることってこんなに楽しかったんだ!とみなさまに思っていただければ、これほど幸せなことはありません。
ちなみに「ブルーマロウ」とは、ハーブティなどに用いられるハーブの名前。ハーブはナチュラル料理に欠かせない材料のひとつでもあります。


食事も、気持ちも、生活も。  いまより少し、ゆっくりがいい。
毎日の生活が、少し忙しすぎたりはしませんか?
休みの日まで、がんばって遊んでいませんか?
たくさんのストレスを抱えていませんか?


定期的にバカンスに行って疲れを癒すのはもちろん素敵。でもそれ以前に、毎日の生活をもう少しゆっくり楽しんでみてはどうでしょう。
あれもこれもとがんばりすぎないで、もっと自然体で暮らせたら、気持ちもカラダもずっと楽になれるのではないかと思うのです。ちょっと疲れていたら、休みの日に遠くに出かけるのではなく、誰かとゆっくりご飯を食べたり、近所をのんびりお散歩したり。
田舎に引っ越してスローライフを実践するのは無理でも、今より少しだけスローに暮らすことはできるのではないでしょうか。
「ブルーマロウ」では、スローフードとともに、スローフード関連情報や、自然があふれる場所でのスローライフなども少しずつご紹介していく予定です。
スローな気分をちょっとだけ。そしてゆっくり暮らすことの楽しさをお伝えできたらいいなぁと思っています。

人との出会いを大切に、私たちが本当によいと思ったものを。
世の中によい食材は数え切れないほどあることでしょう。その中から私たちは、私たちが仕事やプライベートな生活を通じて知り会った人たちから得た、そして私たちが心からおいしい、優れていると思ったものだけをご紹介していこうと考えています。
というのは、ひとつの食材の価値は、味や成分だけでなく、そのものの背景やいきさつ、それに込めた生産者の思いなどさまざまな要素で成り立っていると思うからです。そして、それらをきちんと理解し納得したうえで、丸ごとみなさまにお届けしたい。それが「ブルーマロウ」の願いです。


食べるのも暮らすのも、丁寧に、心を込めて。
私たち自身もそんな生き方を目指しつつ。

急がずに、でも着実に、より充実したサイトにしていきたいと思います。

                    ブルーマロウ スタッフ一同




お問合せ、その他のご連絡
LinkIconこちらのメールフォームより